【単位株制度とは】

単位株制度とは、単元株制度が導入される以前の制度で、
2001年の商法改正で廃止されました。
5万円を額面株式1株の金額で割った数が1単位とされます。

例えば1株 50円なら 1000株が,500円株なら 100株が 1単位とされます。
また単元株制度と違い、以前の単位株制度では、株主総会での議決権も1単位株につき1議決権が与えられていました。

これは、企業の株主の管理費用および事務負担の軽減と、
株主総会での総会屋などの妨害行為を排除する目的で作られた制度です。

なお、今は単元株と呼ばれる最低売買単位は、単位株制度のもとでは単位株と呼ばれていました。
この制度はすでに廃止されているため、参考程度に覚えておきましょう。

無料オンライン講座は、
本編第1話からご視聴ください。

本編の動画はこちらからご覧ください