【単元株制度とは】

株を購入する際、それぞれの株には最低株数が設けられています。
この最低株数のことを、「単元株数」と呼びます。

単元株制度の下では、単元株数を持っていない株主は株主総会での議決権の行使や、
株式売買をする権利を持つことができません。
1単元の株数の上限は、会社法で1,000株と定められているものの、
基本的には会社が自由に決めることができます。

中には1株から売買できる銘柄や、100株からしか売買できない銘柄もあります。
例えば1単元が500株の銘柄で300株しか持っていない株主は株主総会で議決権を行使できません。
また、最低売買単位が500株ということなので、
新たに株式を買うときも500株以下の100株や200株を注文することもできません。
1単元の株数を少なく設定することにより、
企業にとっては株の買い手が付きやすくなり資金を集めやすくなるというメリットがありますが、
一方では株主の管理費用が膨大になってしまう、というデメリットもあります。

無料オンライン講座は、
本編第1話からご視聴ください。

本編の動画はこちらからご覧ください