【株式投資はいくらから始められるの?必要最低資金はいくら?】

コロナショックにより下落した株価は、少しづつ回復の兆しを見せ始めています。
労働収入の他に、収益を得る方法として株式投資への人気も高まってきおり、
これから株式投資を始めようと考えている方も多いのではないでしょうか?
株式投資を始めようと考えている方がまず気になるのが、
「資金どれくらいあれば株式投資ができるのか?」についてだと思います。
今回はそんな株式投資がいくらから始められるのか、その最低資金について解説していきます。

目次

1  株式投資に必要な最低資金は?
2  まずは少額でも資産投資を始めてみることが大切

株式投資に必要な最低資金は?

株式投資に必要な最低資金は、単元株制度により、基本的に次のように算出することができます。
最低資金=1株の金額×単元株数(※購入する最低単位であり、企業によってその数は異なる)
しかし、今は1,000円程度という少額から始められる株式投資方法もあり、
株式投資を始めるためのハードルが下がってきています。

まずは少額でも資産投資を始めてみることが大切

従来よりも少ない資金で株を購入できる単元株制度の導入に始まり、
まとまった資金がなくても月1,000円程度から始められるワンタップバイのような多種多様な新しいサービスが今はあります。
証券会社に足を運ばなくても、自宅のPCから株の売買ができるネット証券の登場により、個人投資家にもチャンスが増えました。
はじめは少額資金であっても、地道に運用を続け、利益を確定していくことで資産は徐々に増えていきます。
ハードルが高いと諦めず、ミニ株や、ワンタップバイなどの新規サービスを利用して、
まずは1,000円からであっても資産運用を実際に始めてみることが大切です。

無料オンライン講座は、
本編第1話からご視聴ください。

本編の動画はこちらからご覧ください