【定期預金ってどんな仕組み?定期預金の種類と特徴】

「将来のためにお金を少しでも貯めたい」そう思ってまず頭に浮かぶ一般的な方法が金融期間が行なっている定期預金だと思います。
定期預金はある決められた期間、一定の金額を預金すると、普通預金よりも高い金利でお金を返してくれるという金融商品です。
例えば今現在のメガバンクの定期預金の金利は大体が全期間で0.01%です。
これは、100万円を5年預けていると毎年0.01%の金利分増えていくため、1年ごとに100円、5年後には約100万500円になっているという事です。
お金を貯めるために定期預金を考えているんだけど、仕組みや種類などが全く分からないという方も多いのではないでしょうか?
実は一言に定期預金と言っても、預ける金額や期間、元本保証か否かによって様々な種類が存在します。
ここでは、定期預金の仕組みから、種類とそれぞれの特徴まで詳しく解説いたします。
これから定期預金を始めようと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

目次

1  定期預金と定期貯金の違い
2  定期預金の仕組み
3  定期定期預金の種提起
  3.1  固定金利定期預金とは?
  3.2  変動金利定期預金とは?
4  ネットバンクの定期預金の方が金利が高い
5  実際定期預金は全然増えない

定期預金と定期貯金の違い

まず、定期預金の仕組みや種類を知る前に、知っておくべき事があります。
それは定期預金と定期貯金の違いです。
どちらも同じような仕組みの金融商品ですが、運営元によって次のように「預金」なのか「貯金」なのか呼び名を使い分けています。

表1、預金と貯金の運営元の違い

  運営元
預金 銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫
貯金 ゆうちょ銀行

そのためゆうちょ銀行では「定期貯金」、他の金融機関などでは「定期預金」と呼びます。
呼び方の違いだけで、仕組みにほとんど違いはありません。
※ここでは「定期預金」と表記して説明を進めますが、ゆうちょ銀行の利用を検討されている場合には「預金」を「貯金」と読み替えてください。

定期預金の仕組み

定期預金は、一定額を一定期間預け入れることで、その期間中普通預金よりも高い金利を受けられるという金融商品です。
例えば100万円を1年、年利0.01%の定期預金に入れたとすれば、1年後の満期には100万100円になって返ってくるという制度です。
また、預け入れる金額が大きくなればなるほど適応される利率は一般的に高くなり、呼び名も次のように変化します。

・300万円未満:スーパー定期
・300万円以上1,000万円未満:スーパー定期300
・1000万円以上:大口定期預金

※今現在(※2020年6月)で、大抵のメガバンクの金利は大口で預けても、すべて0.01%である事が多いです。そのため、多くのお金を預ければ、というメリットは今現在はありません。
また、商品によっては預け入れる期日が指定されているものもありますが、預け入れる期日も1週間〜10年まで、次のように自由に選べるものが一般的です。
・1週間
・2週間
・1ヶ月
・3ヶ月
・6ヶ月
・1年
・2年
・3年
・5年
・10年
預け入れている期間中は、解約しなければ引き出すことができません。
中にはそういった換金性の悪さを解消した期日指定定期預金(ゆうちょ銀行で言う定額貯金)という種類のものもありますが、金融機関側としては「一定期間まとまったお金を預けてくれている」というところにメリットがありますので、早く換金できる分金利が安くなるというデメリットがあります。
普通預金の金利が0.001%であることを考えると、定期預金の方が少し多めにお金が増やせるというイメージです。

定期預金の種類

定期預金には、預け入れるお金の額や期間などによって「スーパー定期」「大口定期」など色々な名前が付いていることがありますが、基本的にはお金を預けている期間の金利が一定なのか、変動するのかによって「固定金利定期預金」と「変動金利定期預金」の2種類に分類できます。

固定金利定期預金とは?

固定金利定期預金とは、預け入れた時点の金利が満期までずっと適用され続ける定期預金のことです。
例えば100万円を固定金利で5年間定期預金に入れたとしましょう。
基本的に今現時点(※2020年4月)でメガバンクの定期預金の金利は0.01%です。
通常景気の変動などによって金利は上昇したり、下降したりするのですが、固定金利の場合には預け入れた5年間ずっと年0.01%でお金が増えていくことになります。
つまり、1年で100円、5年で500円増やすことができます。
景気の変動などに関係なく一定の金利分お金が増えていくので、どれくらい満期にお金が増えているのかを計算しやすく、また金利の変動を気にしなくても良いという安心感が最大の特徴です。

変動金利定期預金とは?

変動金利定期預金とは、預け入れた時点から6ヶ月(半年)ごとに経済の状況などによって金利が変動するタイプです。
メガバンクなどの変動金利定期預金はお預入期間が3年のものが多く、5回の金利の見直しがかかることになります。
今現在(※2020年4月)の0.01%から金利が高くなる場合もあれば、低くなる可能性もあります。
そのため預け入れた時点では満期でどれくらいお金が増えているのかを計算するのが難しく、また金利の変動によっては増えない事もあるというリスクがあります。

ネットバンクの定期預金の方が金利が高い

近年増えているネットバンクにも定期預金があります。
その特徴は、普通の金融機関よりも金利が高いという点です。
例えば次のように代表的なメガバンクとネットバンクの定期預金の金利(300万円未満)を比較してみましょう。

表2、メガバンクとネットバンクの定期預金金利比較(300万円未満)

銀行の種類 銀行名 1年 3年 5年
メガバンク みずほ銀行 0.01% 0.01% 0.01%
三菱UFJ銀行 0.01% 0.01% 0.01%
三井住友銀行 0.01% 0.01% 0.01%
りそな銀行 0.01% 0.01% 0.01%
ゆうちょ銀行 0.01% 0.01% 0.01%
ネットバンク 住信SBIネット銀行 0.20% 0.02% 0.02%
オリックス銀行 0.18% 0.30% 0.30%
ソニー銀行 0.15% 0.02% 0.02%
SBJ銀行 0.15% 0.25% 0.30%
イオン銀行 0.05% 0.10% 0.10%
楽天銀行 0.03% 0.03% 0.04%
じぶん銀行 0.05% 0.03% 0.03%
ジャパンネット銀行 0.02% 0.02% 0.02%

※2018年2月時点での利率です。定期預金の詳細については各金融機関のページをご覧ください。
このように、信用という面では劣りますが、ネットバンクの方が定期預金の金利が高い傾向にあります。
例えば100万円を1年メガバンクに預けると金利0.01%のため1年後に増えるのは100円ですが、住信SBIネット銀行であれば金利0.20%なので、2,000円増えるという事になります。

実際定期預金は全然増えない

「お金を貯めたい」と思って使われることの多い定期預金ですが、実際インフレによって定期預金の利率以上にお金の価値はこの先下がっていきます。
実際に日本銀行の黒田総裁が目指すインフレ率2%が達成されれば、仮に300万円の貯金があったとしても、その価値は今現在よりも6万円低くなり、294万円の価値に減ってしまっているのです。
これを考えると、1年に100円増えたところで状況は悪くなる一方です。元本保証があるため安全だということから定期預金をする人が多いと思いますが、中には定期預金と同じように元本保証で年利0.05%の国債という資産運用方法もあります。
少なくとも、定期預金だけでは現実的に考えて老後の十分な資産形成は難しいと言えます。
選択肢の一つとして定期預金は考えても良いかもしれませんが、まずは安全性を見て利率の良い国債にしてみるなど、他の資産運用方法も考えておいた方が良いと言えます。
弊社のコンテンツでは、堅実に資産運用をしてお金を増やすための情報を沢山配信しています。
まずは、それらを見ながら勉強してみるというところから、資産運用について学んでみてはいかがでしょうか。

無料オンライン講座は、
本編第1話からご視聴ください。

本編の動画はこちらからご覧ください