【老齢年金はいくらもらえるの??】

将来の年金がもらえないって本当ですか??
そんな声を良く聞きますが、年金がもらえないという表現には語弊があります。

ここでは、年金の制度についてお話しします。

まず公的年金は2階建ての造りになっています。
まず1階部分は、国民年金といって原則20歳~60歳になるまで全員が加入します。
この国民年金加入者は3つに分かれます。
自営業者や無色、フリーランスの人たちは第1号被保険者、
会社員や公務員などは第2号被保険者、
第2号被保険者の妻で専業主婦の方などは第3号被保険者となります。
1階部分の国民年金で支払う保険料は2020年で月に16540円、20歳から40年間フルに保険料を支払った場合、月に65141円(年間約78万円)を受け取れるとされています。
2階部分に上乗せされるのが2号被保険者です。
収入に応じて変わる厚生年金にも加入することで、同時に国民年金も支払っています。
厚生年金保険料は収入の18.3%このうち半分ずつを事業主と折半して支払っています。
厚労省が使うモデル世帯で、具体的に金額を見てみましょう。
40年間平均的な収入42万8000円(賞与も月額換算で含む)で会社員をしていた場合、2階の厚生年金部分が月9万1000円。国民年金と合わせると、15万6000円となります。
配偶者の国民年金65000円と合わせると、22万1000円となります。

これはあくまでも、モデルケースの場合ですので、詳しく知りたい場合は、毎年、誕生日月に送られてくる年金定期便で確認してみましょう。ただし、年金定期便で送られてくる金額は50歳以上の方は今の条件のままで60歳まで働いた場合の金額ですが、50歳未満の方は、これまでの納付実績に応じた金額が記入されているだけなので、あまり参考になりません。
そんな時は、インターネットサービス年金ネットでより正確に確認ができますので確認をしてみてください。

無料オンライン講座は、
本編第1話からご視聴ください。

本編の動画はこちらからご覧ください