【受け取る時期を後ろにずらして年金額を増やす方法】

現行の年金制度では、公的年金の受給開始年齢は、原則65歳からですが、実は60歳から70歳までの間で自由に選択することができます。
希望すれば、65歳よりも早く受け取れたり、遅らせたりすることができるのです。
ここでは、受給する年金額を増やすため、繰り下げ受給する方法についてお伝えします。
繰り下げ受給は、最大で70歳まで年金の受取を遅らせることができる制度です。
65歳の時を基準として、1カ月遅らせるごとに0.7%増額されます。
仮に70歳まで受取を遅らせることができれば、受取額は42%も増やせるのです。

例えば、65歳から以下の金額を受け取ることができる男性いたとします。

老齢基礎年金 年額63万円
老齢厚生年金 年額107万円

合計年額170万円(月14万円)

この方が70歳まで受取を遅らせると、

老齢基礎年金 年額89万円
老齢厚生年金 年額152万円

合計年額241万円(月20万円)

この金額が、一生涯続くわけです。

逆に60歳から64歳までの間に年金を受取り始める繰上げ受給も可能ですが、この場合は1ヵ月繰り上げるたびに0.5%減額になります。

ちなみに、厚生年金と基礎年金は別々に繰り下げを選択することができます。
手続きについては、65歳の誕生日に年金請求書を提出する必要はなく、受給を希望する時期になったら、年金事務所などで請求手続きをします。

老齢基礎年金と老齢厚生年金のどちらか一方を繰り下げて受給する場合には、65歳のときに送付される年金請求書の「老齢基礎年金のみ繰下げ希望」または「老齢厚生年金のみ繰下げ希望」の欄に「〇」を付けて提出します。

このように現在は受給開始の上限を70歳としていますが、政府は公的年金の受給開始年齢を、希望すれば70歳越にできるようにするなどの見通しを進める方針です。

このことを考えると、平均年齢より長生きすることが前提ですが、65歳までにしっかり蓄財をして、受給年齢を余裕をもって繰下げできる方が一番お得だと言えます。
いずれにしても、健康に十分気を使って健康寿命を伸ばして豊かな老後を迎える準備は大切ですね。