【独立をする人におススメの小規模企業共済】

会社を辞めて個人事業主になる人や小規模企業の役員になる人は「小規模企業共済」に加入するという選択肢もあります。
小規模企業共済とは、個人事業主や小規模の会社役員の方が事業をやめたり退職した時の退職金を作る制度です。

加入資格は常時使用する従業員が20人以下の個人事業主及び会社の役員です。
掛金は毎月1000円以上500円単位で設定でき、上限額は月額7万円です。予定利率は1%です。
掛け金はiDeCo同様、全額が所得控除(小規模企業共済掛金控除)の対象になります。

しかも、iDeCoとは別枠なので両方積み立てることもできます。
自営業者の方など国民年金第1号被保険者の方は、両方合わせると年165万6000円まで掛け金を払うことができます。
小規模企業共済は加入年齢の制限がありません。60歳以降も働く人にとっては掛け金を払い続けることで将来の受取額を増やすことができ、掛け金は全額が所得控除になるので節税効果も同時に期待できます。

逆に60歳前に仕事を辞めた場合には、共済金を受け取ることも可能です。
受け取り方は一括か分割が選べます。一括で受け取る場合には「退職所得控除」、分割で受け取る場合は「公的年金等控除」の対象になります。

無料オンライン講座は、
本編第1話からご視聴ください。

本編の動画はこちらからご覧ください