【保険はシンプルイズベスト】

「自分が理解できないものには手を出さない」
これは、投資の神様と言われる資産家ウォーレンバフェットさんの言葉です。

保険も金融商品の1つであり、実に複雑です。
加入する時には説明を聞いて分かったようなつもりになりますが、2、3日後には、自分で同じ説明をしようとしてもできない。
こんな経験って皆さん経験があるのではないでしょうか??

特に、大手保険会社では主契約に特約をいくつも付けたパッケージ型の保険を良く販売しています。この特約が多すぎると自分がどんな時に保障が受けられるのか覚えていられません。

保険は死亡や入院をしたときに、黙っていても保険会社から自動的に給付金・保険金が支払われるなんてことはありません。
どれだけ保険料を払っていようとも、請求をしない限り1円も支払われないのです。
実はこの請求漏れが非常に多いというのが実情です。
パッケージ型の複雑な保険に加入していると、こういったミスによって、せっかく支払っている保険料を無駄にすることも起きてしまう恐れがあります。

保険を選ぶ際のコツとしては、特約を付けるのではなく、必要な保険を選んで、それぞれ単独で加入した方がコストパフォーマンスが良くなります。

保険会社はすべてのジャンルに万能というわけでもありません。
がん保険、医療保険、生命保険、それぞれで主力商品も違いますので、各会社からいいとこどりで賢く加入することをお勧めします。

小嶋和也
代表 小嶋和也
YELL合同会社 
ファイナンシャルプランナー

プロフィール
栃木県鹿沼市生まれ 33歳
消防士をしていた27歳の時、結婚をきっかけに資産運用の必要性に気づき独学で勉強を始める。
国内外で資産運用を学んだ後に32歳で独立、YELL合同会社を設立する。
現在は、日本全国にクライアントを持ち、米国株式スクールの運営や資産形成コミュニティーの運営をしている。
米国株式を使った資産形成サポートをはじめ、保険のプランニング、ポイントの有効活用など、主に公務員、サラリーマンの方の資産運用に強みを持つ。


Facebook:https://www.facebook.com/kazuya.kojima.908
instagram:https://instagram.com/kojikazu0817?igshid=1t7ugpnnrmxfs
公式LINE:https://bit.ly/32SqdrV