【お金が欲しいという感情の本質】

私は本を読むことが好きで、よく書店に行くんですが、
行ってみると、お金に関する本がいつも山積みになっています。

そのコーナーにはいつも人がいたりして、
やっぱり、みんなお金には興味があって、

資産運用をしてお金を増やす方法はないのか??
副業をしてもっと稼ぐ方法はないのか??

お金のことについて、
みんな気になっているんだなーって感じます。

ところで皆さんは、

そもそも何でお金が欲しいと思っているのか
考えたことってありますか??

美味しいものが食べたいからですか??
高級車に乗りたいからですか??
誰かにプレゼントを贈りたいからですか??

理由は、様々ですが、
お金が欲しい理由として
1つはっきりしていることは、

“”お金が無くなることが怖いから“”
ではないでしょうか??

例えば最近では、
老後2000万円不足すると金融庁から発表がされて
老後の備えが大切と様々なメディアが言いますが、

これは、老後働けなくなった時に、
十分な生活費が確保できないことが怖いから
準備した方が良いですよって言われているわけですよね。

では仮に、
老後の生活費は全額を国が準備します。
そんな風に言われたら、

老後のために貯蓄をしますか??
そこまでお金が欲しくなりますか??

つまり、、、

私たちが欲しいものはお金では無くて、
安心なのではないでしょうか??

だからこそ、
資産運用で一番最初に考えていきたいことは、
老後資産の構築なんです。

現役世代の時には、
仕事をして一定額の収入が確保できますので、
生活の不安がそこまで大きくありません。

でも、老後はというと、、、

何歳まで働けるのか分からない不安、
何歳まで生きるのか分からない不安、
年金がいくらもらえるのか分からない不安、

この不確定要素があるからこそ、
不安があり、お金を準備したい、

若い人であっても
漠然とした不安を感じている人が多いのです。

多くの人はこの不足感を埋めたいと
思っているのだと思います。

逆に言えば、この不安から早く解放される状態を作れれば、
今の生活の幸福度は単純に上がりそうじゃないですか??

実は、お金が欲しい理由は、
“”お金が無くなることが怖いから“”
“”不安のない生活がしたいから“”

そんな方が多いのです。

この気持ちを満たすためにも、
不安を解決するための相談ができる良いパートナーを見つけること、
そして、生活の一部に老後資金を準備をする仕組みを整えることが大切になります。

資産運用には、ただお金を増やすだけではなく、
不安感を安心感に変え、
幸福感をアップさせる
そんな力もあるということを覚えておいてください。