実績紹介 栃木県在住 33歳会社員の方の資産運用について

資産運用を始める前はどんな悩みや、不安がありましたか??

私は、生活に彩りや精神的余裕を保つためには、ある程度のお金(資産)は必要だと常々感じていました。
決してお金がすべてではないと漠然と思う反面、経済的余裕があることで様々な選択肢があったのでは?
きっと違う人生を歩めたのでは?と思う場面に遭遇していたことも事実です。
具体的には、生活するためにはお給料をいただき、我慢をして働き続けなければならない。
こんなときにお金や資産を形成していたら、きっと精神的に余裕を持て、もっと主体的に仕事にも取り組めるかもしれない。
思い切って今までと違う働き方に挑戦できるかもしれないとも思います。
お金を持っていないことで、何事もやらなくてはならないという、受け身の姿勢となってしまい、知らず知らずして自分が追い込まれてしまうこともあります。
このような状態を変えたいと思い、心の保険、または新しいことへの挑戦の切符として資産運用に興味を持ち始めました。

資産運用を始めてどんなことが変わりましたか??

シンプルですが、資産を形成するための習慣が身についたところです。
目標を持ち、それを達成するまでの行動習慣が身につかないとなかなか資産運用も続かないものですが、小嶋さんと共にライフプランを設計していくと、自分の人生の中でどれくらいのお金が必要かを把握することができ、日々どのよう行動をとることが望ましいかをアドバイスをいただきながら実践することができました。
これまでは、お金を「貯めること」しか知りませんでしたが、貯めたお金を「運用」することを小嶋さんのセミナーで学ばせていただき、初めて資産運用にチャレンジしました。
興味があっても資産運用やお金の運用についての何から学んでよいのかも分からずにいましたが、一緒に活動を始めて、お金に関して理解も深まり、なによりこのような話題に真剣に話したりできる仲間とのつながりを持てたのが大きな変化です。

資産運用を始めてから具体的にどんな取り組みをしましたか??

資産運用においては、まず土台をしっかり作ることの大切さを学びました。
そして一番初めに毎月の積立型運用を始めました。こちらは、資産を大きくすることより、毎月の収入から、今後のライフプランに必要分のお金を確保するためのものであると共に、資産運用の習慣作りの第一歩となるものです。
これらの習慣を身に着けることで次第に運用を行う資金を、生活の中から捻出することができ、現在では、決して大きい金額ではありませんが、投資事業への出資に参加をしております。
これらは小嶋さんへ相談や、場合によっては投資先への視察やヒアリングも含めて十分納得したうえで出資を行っており、先ほど触れた土台を形成することで、積立や投資にお金を回せる生活習慣が身についたからこそだと思います。

これまでの活動の中で一番印象に残っているエピソード

小嶋さんとの活動で印象的なのは、常に情報を発信し、ライフプランをトータルで考えた活動を、皆に提供しているところです。
お金があっても、健康でなかったら、生活を十分に楽しめない。
健康でも、仲間がいなかったら喜べない。
健康で、正しくお金を使って、それを仲間に還元し、分かちあうことの大切さを、活動当初からおっしゃっており、活動の土台になっているのではないでしょうか。
また、資産運用のみならず、生活の質を向上させることについて、例えば健康に関する専門家の方を招いた講習会の開催や、仲間たちを集い様々興味・関心ごとに合わせた勉強会なども活動の一つです。
小嶋さんを中心として活動している方々は、大人が学び、興味があるものを掘り下げ、各々のライフプラン実現のために多方面にアンテナを伸ばし、得意分野の情報を皆で共有するとてもアクティブな集団だと感じます。

今思うこと、YELL合同会社への要望、これから実現していきたい未来について自由に教えてください

資産運用について興味があるけど、何から始めていいかわからない。
そんな方は、エールさんへ一度ご相談してみることをお勧めいたします。
代表の小嶋さんは、私たちにより近い目線で実体験に基づいた資産運用のアドバイスや提案をしてくれます。
資産運用に関しては、世の中には耳触りの良い情報があふれており、その時は魅力的な話に舞い上がって夢を見がちで、思い描いた結果を得ることが難しいことが往々にしてあるかと思います。
しかし、小嶋さんの「実体験」を伴った提案は、夢物語ではなく、実生活に則して実践することができ、着実に資産運用を進めてくれます。
これからも、より良いライフプラン実現のための情報発信をよろしくお願いいたします。

無料オンライン講座は、
本編第1話からご視聴ください。

本編の動画はこちらからご覧ください