実績紹介 栃木県在住 市役所職員 加藤一紀さんの資産運用について

資産運用を始める前はどんな悩みや、不安がありましたか??

公務員は副業もできないため、収入を増やすことは不可能だと考えていました。
また、老後の年金問題がテレビで取り上げられていても、自分にはどうすることもできないことだと見て見ぬふりをし、現実から目を背けている状態でした。
年を重ねるごとにお金への漠然とした不安が増えていました。

資産運用を始めてどんなことが変わりましたか??

ただ銀行に預けていただけの状態から、少しずつお金がお金を増やす仕組みに組み替えることにより、将来へのお金の不安を少しずつ減らすことができています。
また、老後だけではなく現在の生活をより良くするための情報も取り入れられるだけの心の余裕も生まれました。

資産運用を始めてから具体的にどんな取り組みをしましたか??

資産運用についてのセミナーに参加したりお金に関する本を読んで、知識や情報を増やすようになりました。
知り合った方達と話すことによって刺激をもらい、自己研鑽して成長する取り組みを始めました。

これまでの活動の中で一番印象に残っているエピソード

お金の増やし方はもちろんですが、使い方についても知らない情報がたくさんあり、今まで自分がどれだけ狭い世界で何も考えずに生活してきたのかを知りました。

米国株式を学び・実践し始めて約半年間が経ちました。
どんな成果や変化がありましたか??

一番大きな変化は、毎月配当収入が入るようになったことです。
今では、経済や企業のニュース記事を読んで、株価がどのように動いていくのか?考えるようになりました。
また、職場の同僚とも資産運用について話すようになり、資産運用がより身近になってきていると感じています。

今思うこと、YELL合同会社への要望、これから実現していきたい未来について自由に教えてください

資産運用を始めた時からずっと丁寧にサポートしていただいて感謝しています。
これからもより良い関係を築いていければと願っています。

無料オンライン講座は、
本編第1話からご視聴ください。

本編の動画はこちらからご覧ください

小嶋和也
代表 小嶋和也
YELL合同会社 
ファイナンシャルプランナー

プロフィール
栃木県鹿沼市生まれ 33歳
消防士をしていた27歳の時、結婚をきっかけに資産運用の必要性に気づき独学で勉強を始める。
国内外で資産運用を学んだ後に32歳で独立、YELL合同会社を設立する。
現在は、日本全国にクライアントを持ち、米国株式スクールの運営や資産形成コミュニティーの運営をしている。
米国株式を使った資産形成サポートをはじめ、保険のプランニング、ポイントの有効活用など、主に公務員、サラリーマンの方の資産運用に強みを持つ。


Facebook:https://www.facebook.com/kazuya.kojima.908
instagram:https://instagram.com/kojikazu0817?igshid=1t7ugpnnrmxfs
公式LINE:https://bit.ly/32SqdrV