実績紹介  栃木県在住 公務員・看護師 三好雅也・真弓さん夫妻の資産運用について

お客様からの悩みや希望・願望・将来への不安

真弓さん

今後、子供ができて家族が増えた際に、パートや夜勤なしの仕事へ変えたいと考えていましたが、支出は増えるのに収入が減少する現実に大きな不安がありました。

住宅ローンもあるため、好きな旅行やおしゃれを我慢し、貯蓄のために楽しみを減らさなくてはいけなくなるということに正直、ストレスを感じていました。また、家計の管理は夫に任されていたのですが、現状が共有できておらず、悩んでしまっていました。家計についてもっと夫と話し合い、一緒に考えたいと思っていました。

雅也さん

妻の熱い思いや思い描くビジョンを聞き、一緒に資産運用をスタートすることを決めました。
家族との生活、老後の生活、乗りたい車に乗ること、着たい服を着ること、たくさん海外旅行をすること等、自分が思い描く生活はできないと思っていました。
公務員は副業ができず、今よりも収入を増やしたいという思いがずっとありました。

②一緒に資産運用を始めてからどんな所が変わりましたか?? 具体的に書いてください

真弓さん

支出の見直しと資産運用を始めたことで、基本的な家計の動きの把握と将来の予測ができ、漠然とした不安から開放され、小さなことで喧嘩をしなくなりました。また、夫と一緒に家計について話し合う機会が増え、安心できるようになりました。

家計の現状を共有することで、お互いに無駄遣いが減りました。これは使わないということでは無く、無駄遣いはせず、価値あるものにはケチらなくなったという実感があります。

今までは、支出がわからなくなるという理由から、クレジットカードは使わずに現金払いにすることがほとんどで、大きい買い物だけ何となくクレジットカードを使い、ポイントを貯めていましたが、今では旅行や買い物のために目的をもってポイントを貯められているので、面倒なカード払い変更の手続きやクレジットカードの支出の管理が楽しんでできるようになりました。

YELL合同会社主催のセミナーでは、資産運用以外にも健康やコミュニケーションなどの様々なセミナーを通して、たくさんの方との繋がりを作っていただけるので、人生が今まで以上に楽しくなって、より幸せになりました。

雅也さん

積立投資を始めるにあたり、改めて家庭や自分の現状を把握し、今後の目標や見通しをもつことでき、不安だった未来が少し明るくなった。
資産運用だけでなく、チームKで出会えた人達と健康や旅行のことなどワクワクすることをたくさん考えるようになり、日々のモチベーションも上がり、毎日が楽しくなった。
また妻とも、さらにお互いを高めあえるいい関係性を築くことができている。

一緒に資産運用を始めてから具体的にどんな取組みをしたのか教えてください

・預金額などの資産の現状を夫と共有した。

・保険や携帯など固定支出の見直しをした。

・現在の収入に見合った生活や、これから実現したい希望を実現するためにどのように収入を増やしたらいいか話しあった。

・YELL合同会社主催の資産運用セミナー、旅行セミナー、自己啓発セミナーに参加した。また、そこから繋がった興味のあるセミナーにも参加した。

・夫婦一緒に未来のために資産運用をはじめとした具体的な行動をすることでパートナーシップがとても良くなりました。

これまでの活動の中で一番印象に残っているエピソード

初めての資産運用セミナーの参加が一番印象に残っています。以前は、お金をとりあえず増やしたい。という思いだけでNISAや保険を始め知識が無い状態で資産運用をしていましたが、お金や資産運用について基本から学び、今まで全く知識がないまま生きてきたこと・無知の状況で資産運用を始めていたことを改めて知った。

YELL合同会社主催のセミナーに参加したことが、将来についてしっかり考えるきっかけになりました。また、効果的な運用で今よりも豊かな生活が実現できるということを知ったことで、将来の不安が小さくなり、とても嬉しかった。資産運用だけでなく旅行や健康に精通する方とも知り合うことができ、とってもワクワクした。

今思うことや要望、実現したい未来

お金について学び、漠然とした不安にかられる生活から抜けられたことで、本当に人生が豊かになりました。資産運用だけでなく素敵な繋がりも作ってくださり本当に感謝しています。ありがとうございます。

人生を楽しむことを教えていただき、ライスワークとライフワークについても考えられるようになりました。資産運用を取り入れながら、もっとライフワークが実現できるように、コツコツやっていきます。

チームK最幸です♡今後とも、どうぞよろしくお願い致します🙇‍♀

無料オンライン講座は、
本編第1話からご視聴ください。

本編の動画はこちらからご覧ください