実績紹介  栃木県在住 会社員 飛鳥さんの資産運用について

資産運用を始める前の悩み

28歳の頃に結婚をして子供もいて家を建てました。職業も公務員だったので食いっぱぐれはありませんでしたが、公務員の給料では生活するだけでギリギリでした。私は旅行が好きなのですが今のままだと一年に一回行けるかどうかです。

旅行中に行っても旅行後のことを考えて好きな物を買えなかったり、好きなことを出来ないでいます。しかも旅行後はお金がなくなっているので節約生活です。
なにも気にせずに旅行がしたかったです。あとは、仕事を退職したときに退職金を貰えるかも分からない状況で、このまま貯金も出来ずに老後を迎えるのが不安だったので小嶋さんに連絡させてもらいました。

一緒に活動を始めてから変わった事

小嶋さんに会って話を聞いていく中で自分のお金に対する知識が無さすぎることが分かりました。なので小嶋さんから勉強させていただいていますが、自分でも本を読んだり、YouTubeなどを使ってお金の勉強をするようになりました。

そして周りの知人にも伝えて、みんなで金融リテラシーを高めるようになりました。後は、これまでクレジットカードを使ったことがなかったのですが、月々の光熱費や携帯代、生活費をクレジットカード払いにしてポイントを貯めるようになりました。そのポイントを活用して旅行に行けるので早く行きたいと思っています。

資産運用を始めてから具体的にどんな取り組みをしたか

なぜお金を貯めなければならないのか?これから100年時代と言われている中で、自分がどれくらいの貯金が必要なのかを教えてもらいました。そして目標貯蓄額を決めて、将来のために積立投資を始めると共に保険の見直しをして月々の出費を少くしました。

次に保険や携帯代、生活費をクレジットカード払いにして、月々の支出からポイントを貯めるようにしました。アドバイスして頂いたポイント活用を実践して、お得に旅行に行くことが、今からとても楽しみです。

個別相談やYELLさん主催のセミナーに参加して、お金や経済について学ぶことで、将来について夫婦で話し合いをする機会も増えました。これからもいろいろと小嶋さんに助けていただいて人生に豊かにしていきたいと思います。

これまでの活動の中で一番印象に残っているエピソード

小嶋さんのセミナーで話している内容を聞いて、自分はなんて狭い世界観で生きていたのかと驚きました。狭い視野で生きていると、そこでの常識が自分の常識になってしまうことに気づき、これからはもっと広い視野で物事を視て、常識を知っていかなければならないと感じました。

今思うことや要望、実現したい未来

これからもっとセミナーや視察などに行って、自分の資産運用の知識とスキルを磨いて、未来を豊かにしていきたいです。
小嶋さんにはこれからもお世話になりますがよろしくお願いします!

無料オンライン講座は、
本編第1話からご視聴ください。

本編の動画はこちらからご覧ください

小嶋和也
代表 小嶋和也
YELL合同会社 
ファイナンシャルプランナー

プロフィール
栃木県鹿沼市生まれ 33歳
消防士をしていた27歳の時、結婚をきっかけに資産運用の必要性に気づき独学で勉強を始める。
国内外で資産運用を学んだ後に32歳で独立、YELL合同会社を設立する。
現在は、日本全国にクライアントを持ち、米国株式スクールの運営や資産形成コミュニティーの運営をしている。
米国株式を使った資産形成サポートをはじめ、保険のプランニング、ポイントの有効活用など、主に公務員、サラリーマンの方の資産運用に強みを持つ。


Facebook:https://www.facebook.com/kazuya.kojima.908
instagram:https://instagram.com/kojikazu0817?igshid=1t7ugpnnrmxfs
公式LINE:https://bit.ly/32SqdrV